FCスペシャルゲーム 「大島洋平デー」

FCスペシャルゲーム 「大島洋平デー」開催決定!

中日ドラゴンズは2017年シーズンにおいて、ファンクラブ会員を対象とした、「FCスペシャルゲーム」を開催し、第一回目として4月9日に実施しました。
第二回目となる5月21日()は「大島洋平デー」として大島選手にクローズアップした試合を企画します。

テーマは「大島よ、異次元のスピード感で勝利に導いてくれ」です。
このテーマにちなんだ「異次元のスピード“缶“バッジ」をファンクラブのゴールド・レギュラー・ジュニア会員の先着5,000名様にプレゼントします。
また、5月21日からは監督や選手達が「FCユニホーム」のプロモデルを着用して、ファンとチームが「一心同体」となって勝利を目指します。

大島選手のメッセージ
「会員の皆さんと同じユニホームは一体感が出ます。球場を駆けめぐって、盛り上がれるような試合をしたい」

試合 ゲームカテゴリ 開場/試合開始 試合日詳細
5月21日() 広島戦 スタンダード 12:00/14:00 詳細を見る

来場者プレゼント

ご来場のファンクラブのゴールド・レギュラー・ジュニア会員の先着5,000名様に「異次元のスピード“缶“バッジ」をプレゼントします!

缶バッジ

対象

2017年ファンクラブのゴールド、レギュラー、ジュニア会員で、当日のチケットをお持ちの先着5,000名様

配布場所・時間

11:30~15:006ゲート前の軒下特設ブース

15:00~7回裏終了ドラゴンズワールドFCカウンター 

招待引換券でのお渡しはできません。座席指定券に引換後のお渡しになります。

Dステージ開催スケジュール

ナゴヤドームオープンデッキ 1ゲート・2ゲート間にてDステージ開催  11:00~13:00(120分間)

11:00~11:10 プチ・ドリームスターズ・パーティー2017
11:10~11:25 PEACH CHEERS Glitsダンスパフォーマンス
11:25~11:45 チアドラゴンズと遊ぼう!
11:45~12:15 DD知っとく情報2017
12:20~12:30 マスコットミニステージ
12:30~13:00 ドリーム・スターズ・パーティー2017

イベント

ドラゴンズ打撃練習見学会

ドラゴンズのバッティング練習を中心にバックネット裏スタンドから見学します。(定員先着制)

■当日参加OK
■イベント時間
11:00~11:40
■参加人数
先着300名様
■対象
FCゴールド、レギュラー、ジュニア会員(当日の観戦チケットと会員証の提示が必要です)
※同伴者2名まで、非会員でも可
■集合
1ゲート

スカウト始球式

始球式の投球者を試合当日の開場(12時)から1時間以内を目安にスタッフがスカウトします。登板希望の方は必ずFCユニホームかFCキャップを着用していてください。もちろん会員証もお忘れなく。あなたの一投でゲームが動く!

■当日参加OK
■対象
2017年ファンクラブのゴールド、レギュラー、ジュニア会員で、FCユニホーム、もしくはキャップ着用者

ドアラバック転花道体験

ドアラバック転花道体験

7回裏後の「ドアラのバック転タイム」の際にチアドラゴンズのメンバーと一緒に花道をつくる、人気企画の「ドアラバック転花道体験」を開催。一緒に花道をつくりみなさんの応援で「ドアラのバック転」を成功に導こう!!

■当日参加OK
■対象
2017年ファンクラブのゴールド、レギュラー、ジュニア会員で、FCユニホーム、もしくはキャップ着用者

グラウンドウォーク

グラウンドウォーク

人気企画の「グラウンドウォーク」。試合終了後、ゲームの熱気が残るグラウンドに入ることができる「グラウンドウォーク」も会員限定ですが、こちらは当日先着5,000名様に進呈する「缶バッジ」の台紙を提示で入場いただけます。

■対象
2017年ファンクラブゴールド、レギュラー、ジュニア会員で、来場プレゼントの缶バッジ台紙を提示の方
■時間
試合終了後

※ヒール等の先の尖った履物での入場はできませんので、ご了承ください
※グラウンドへの飲食物の持ち込みはできませんので、ご了承ください
※入場方法は当日ご案内いたします
※缶バッジの台紙を無くされた方は、入場できません

企画チケット

シリーズで大人気の企画チケットが「FCスペシャルゲーム」でも登場。
試合で実際に使用するNPB統一試合球に「FCスペシャルゲーム」のボール専用ロゴを入れた公式試合球付きチケットを数量限定で発売!
大切に保管できるプラスチック製のクリアなボールケース付きです。
ボールのロゴには試合の日付が入っていますので、観戦の記念に是非お買い求めください。

「FCスペシャルゲーム」で使用する公式球専用のロゴであり、ボール以外で使用するロゴとは異なります。