バレーボール選手

小野寺太志選手の中学・高校時代の活躍とエピソードが凄い!野球からバレーボールに転向理由も

世界に対抗できる大型ミドルブロッカーとして期待される小野寺太志選手

2m1cmの身長にも関わらず器用なプレーが持ち味です。

そんな小野寺太志選手ですが、子供のころからバレー一筋かと思いきや実は違うんですね。

なんと、中学までは野球をやっていて、バレーボールは高校から始めたそうなのです。

それで現在は日本代表なんですから、本当にすごい才能ですよね。

今回は、小野寺太志選手の子供時代や学生時代と、スポーツ遍歴を調べていきます。

スポンサーリンク

小野寺太志選手中学校はどこ? エピソードも

小野寺太志選手が通っていた中学校は、宮城県にある名取市立第一中学校です。

卒業生にはサッカーのJリーグサンフレッチェ広島所属のGK田中雄大選手の名前があり、小野寺太志さんとは同級生なのだとか。

ただ、残念ながら、2人が対談をしていたり交流をしている記事は、見つけることはできませんでした。

小野寺太志選手は野球部に入るわけですが、中学入学時にすでに身長が170㎝を超えていたそうです。

宮城県は野球が盛んで、東北楽天イーグルスの本拠地もあります。

高校野球でも、今年惜しくも慶応義塾高校に甲子園決勝で敗れましたが、仙台育英高校が準優勝しましたし、野球が根付いた地域なんですね。

野球を始めたきっかけをインタビューで話していましたよ。

太っていたから走るのも苦手だったので、サッカーより走らないイメージがある野球がいいな、と深く考えずに決めました

引用元:Number Web

たしかにサッカーよりは走らないイメージはあるかもしれません。

ただ入部後は陸上部と錯覚するぐらい走る練習が多かったと振り返っていました。

気になるポジションですが、ファーストとピッチャーをしていたそうです。

ピッチャーを任されるなんてチームの中でも上手だったのではないでしょうか。

中学三年生の頃には身長がなんと195㎝に到達しています。

長身のピッチャーは対戦相手からも恐れられたでしょうね。

たた、野球部時代は周りに自分より優れていた選手が多かったと感じていたそうです。

中学生時代は目立った実績は残してないようですね。

体型には変化があったみたいですよ。

「毎日走り続けてヘトヘトだったので食欲もなくなっちゃって。小学生の頃は朝からカレーをバクバク食べていたけれど、中学に入ってからは5個入りのクロワッサンを1つ食べるのがやっと、という状態になって、身長は伸びるけれど体重は落ちる。その結果、今の体型になりました」

引用元:4years

小野寺太志選手高校はどこ?高校時代のエピソードも

小野寺太志選手の高校は、地元宮城県の東北高校に進学します。

東北高校といえば数多くのスポーツ選手を輩出している超名門校ですよね。

  • 佐々木 主浩(野球)
  • ダルビッシュ有(野球)
  • 今野 泰幸(サッカー)
  • 宮里 藍(ゴルフ)
  • 荒川 静香(フィギュアスケート)
  • 羽生 結弦(フィギュアスケート)

現在も活躍している大リーガに、W杯出場のサッカー選手、元世界ランキング1位のゴルファーにオリンピック金メダリストのスケート選手などそうそうたる顔ぶれが揃っていますね。

他にも紹介できていませんが、レジェンド級の名前が卒業生として名を連ねています。

そんなすごい高校に、小野寺大志選手入学するのですが、野球部かと思いきやなんとバレー部に入部します。

中学時代3年間野球に打ちこんできて、東北高校野球部顧問も3年の時には磨けば光ると見込んでいたそうです。

野球部でがんばれば、もしかすると甲子園やその後のプロも目指せたかもしれないのにそれを断ったんですね。

でもなぜ転身したのでしょうか。

スポンサーリンク

高校時代に野球からバレーボールに転向した理由

小野寺大志選手はがバレーボールに転向した理由は、中学の野球部引退後に、父親から全国都道府県対抗中学バレーボール大会の宮城県選考会への参加を勧めらたことからでした。

そして、本格的にバレーボール競技に転向をしたのです。

なお、東北高校はバレー部も強豪なのです。

でも、バレーボールに関して何の経験もないし実績もなし生徒が入部できたのでしょうか。

実は、小野寺大志選手のご両親は共にバレーの選手で、母親は全日本代表にも選ばれたこともある選手でした。

しかも、東北高校は父親の母校でもあります。

  • 母親は元バレーバール女子日本代表

中学3年の野球部引退後、JOC杯という全国都道府県中学バレーボール大会の宮城選抜の選考試験を受けますが見事合格します。

そのまま宮城代表として全国大気に出場し活躍するのです。

近年はメジャー競技でプロを目指すなら幼いころからその競技を行うのは当たり前になっていますよね。

NBAでプレーしている八村塁選手でさえ中学校途中からバスケット部に入部していました。

小野寺大志選手は高校入学直前でバレーを始めたんですね。

しかもその後の大学2年生の時に、日本代表に選ばれるので、実質たった4年間でトップに登り詰めたことになります。

ここで疑問なのが、そもそもバレー選手のご両親がいる環境で育ちバレーをなぜ習わなかったのでしょうか。

小野寺大志選手は子供のころ、「クリームパンの顔と体系のおデブちゃんっだった」と語っています。

ご両親はダイエットの為に何かスポーツをするよう勧めましたが、バレーをすることは母親が反対したそうです。

母親が反対した理由は、自分が実業団という厳しい世界でプレーしていたことから、子供には、自分と同じ苦しさを味わせたくはなかったからだったようです。

我が子を思う母の愛だったのですね。

高校時代の活躍

東北高校入学後の小野寺大志選手ですが、1年でレギュラーを獲得しその後U-18日本代表にも選ばれました。

未経験ながらすごい活躍ですが、本人は葛藤があったようです。

「俺じゃなくてもっとうまい人がいっぱいいるのに、とはずっと思っていました。試合に出させてもらえるのは嬉(うれ)しいですけど、自分よりすごい同級生や先輩はたくさんいる。大きいだけで選ばれているんだろうな、と思うと複雑でした」

引用元:4years

たしかに身長は大きな武器ですが本人は悩んでいたんですね。

東北高校としての成績では全国ベスト16が最高でしたが、世代別日本代表にも選ばれアジアではメダルも獲得するなど充実した高校時代でした。

  • 春高バレー出場
  • アジアユース選手権 銅メダル
  • 世界ユース選手権 出場

アジアユース選手権での銅メダルのときのメンバーには現日本代表エースの石川祐希選手もいました。

母校を訪ねる企画の中で、小野寺大志選手は後輩に自身の高校時代について話しています。

「バレーボールしかしてないと言っていいくらい、ほとんどバレーがメインでした。授業のカリキュラムなども部活動を優先してくれるような学校だったこともあります。いろいろな場所に合宿に行きましたし、もちろんユース代表だったりもあって、何が一番の思い出かというと一番にバレーと出てくるくらい。本当に休みなくバレーをしていたなと思います」

引用元:月バレ.com

高校からバレーを始めたので、基礎の基礎は東北高校で習ったとも話していました。

高校時代印象に残っているのは1学年上の先輩とともに出場した2年生の時の春高で敗退した試合だそうです。

この負けの悔しさがあるから今の自分があるとも後輩に伝えていました。

小野寺太志選手妻,小野寺太志選手子供
【画像】小野寺太志選手の子供がかわいい!妻はどんな人で子煩悩エピソードが気になる!バレーボール日本代表の小野寺太志選手の妻はどんな人?子供は何人で年齢・性別は?子煩悩エピソードもご紹介します。...
石川祐希選手両親,石川祐希選手家族,石川祐希選手妹,石川祐希選手父,石川祐希選手母
石川祐希選手の両親(父・母)やきょうだいもスポーツ一家!妹が凄い!家族仲もまとめバレーボール日本代表の石川祐希選手の両親(父・母)はどんな人?父と母どっち似で、兄弟も美男美女?妹の活躍も凄い!きょうだいエピソードもご紹介します。...

https://dhttps://drafanclub.jp/masahiro-yanagita-marriage/rafanclub.jp/ran-takahashi-girlfriend/

山内昌大選手妻,山内昌大選手結婚,バレー山内選手妻
【バレー】山内昌大選手が結婚した妻(嫁)は小さい?奥さんとの馴れ初め・交際期間・好きな女性のタイプを調査!バレーボール山内昌大選手が結婚相手で妻(嫁)は菜都美!どんな奥さん?馴れ初めや交際期間を調査しまとめました。...
宮浦健人選手両親,宮浦健人選手兄,宮浦健人選手家族,バレー宮浦選手両親,バレー宮浦選手兄
【バレー】宮浦健人選手の両親(父・母)はどんな人?家族構成や兄弟についても総まとめバレーボールの宮浦健人選手の家族構成は?両親も兄も高身長でバレー経験者だった!家族の現在についてもご紹介します。...

 

スポンサーリンク

まとめ:小野寺太志選手の中学・高校時代の活躍とエピソードが凄い!野球からバレーボールに転向理由も

今回は小野寺大志選手の中学・高校時代を調べてみました。

4年で日本代表になるなんて、まるで作り話のような経歴の持ち主ですよね。

もちろんご両親から受け継いだ才能や恵まれた体格があり、周囲のご縁があったのだと思いますが、子供のころから本人の努力もすごかったのは言うまでもありません。

中学3年生のころに東日本大震災を経験している小野寺大志選手ですが、当時、生活環境が変わったなか、高校では未経験ながら強豪校での練習に臆することなく挑むメンタルの強さも武器なのかもしれません。

そのメンタルの強さを生かして、これからも、活躍し続けていかれることでしょう。

アスリートヘッドラインは、そんな小野寺大志選手のこれからも活躍を応援しています。

スポンサーリンク