野球選手

木浪聖也選手の妻(奥さん)の優香は笑顔美人!出会い・馴れ初めや子供についてもまとめ

画像引用:Instagram

遊撃手として活躍している木浪聖也選手

小学生時代から野球を始め、高校時代でも大学時代でも1年生からベンチ入りしていたため、当時から周りの期待度が高かったことがうかがえます。

大学卒業後Hondaに入社し、1年目からは2塁手・3塁手として活躍していましたが、2年目からは現在のように遊撃手として定着しました。

2018年のドラフト会議で阪神から3位指名を受けた後、1年目に大活躍したものの、中野拓夢選手の台頭により出場試合数が減少してしまいました。

2023年シーズンから阪神の監督が岡田彰布監督になってから、中野拓夢選手が2塁手にコンバートされ、木浪聖也選手を遊撃手として採用するようになり、かなり出番が増えました。

2023年は自身初のベストナイン・ゴールデングローブ賞受賞と、躍動の年になりました。

木浪聖也選手の活躍には、自身の努力だけでなく妻(奥さん)の支えがあった事も事実でしょう。

今回は、木浪聖也選手の妻(奥さん)がどんな人か、妻との馴れ初めになどついて調査しましたので、まとめていきます。

スポンサーリンク




木浪聖也選手の妻はどんな人?美人?

  • 妻の名前:優香(ゆか)
  • 妻の出身地:東京都
  • 妻の年齢:2歳年下

結婚後は木浪聖也選手と共に兵庫県内で新婚生活を送っていることから、専業主婦になっていたとしてもおかしくなさそうです。

妻(奥さん)の優香さんの顔写真は公開されていませんが、プロに似顔絵を描いてもらったこともあるようで、結婚発表の際には似顔絵を持ってきていました。

似顔絵を見る限り茶髪ロングで、美人な女性と言うことが分かります。

優香さんはアスリートフードマイスターの資格を取得しているため、木浪聖也選手の食事面のフォローは万全と言えるでしょう。

最近の野球選手の妻は、アスリートフードマイスターを取得するケースが多いように感じますね。

木浪聖也選手は妻(奥さん)の優香さんの料理について、

「料理も考えて作ってくれる。何でもおいしいですけど、特にハンバーグが好きです」

引用:スポニチANNEX

と語っており、料理が上手であることは間違いありません。

また、妻(奥さん)の優香さんは1年間語学留学をしていた経験があります。

そのため英語がとても堪能です。

木浪聖也選手がポスティングシステムを使い、MLB挑戦を表明しても、妻(奥さん)が英語堪能なら安心ですね。

木浪聖也選手が2軍落ちを経験して落ち込んでいる時も、妻(奥さん)の優香さんは、

「聖也なら大丈夫。絶対やれるよ」

引用:スポニチANNEX

と励ましていたそうで、いつもポジティブな性格をしているようです。

妻(奥さん)の優香さんについて木浪聖也選手は、「笑顔が素敵」とも語っています。

笑顔が素敵で常にポジティブ、英語が堪能でアスリートフードマイスターを取得しているなんて、アスリートの妻として非の打ちどころがありませんね。

スポンサーリンク

木浪聖也選手と妻の馴れ初めは?結婚はいつ?結婚発表コメントでのろけまくり!

結婚:2019年10月末

結婚発表:2019年12月18日

木浪聖也選手が亜細亜大学4年生の時、知人の紹介で優香さんと出会ったのが馴れ初めです。

3年半の交際を経て木浪聖也選手と優香さんは、2019年10月末に優香さんと入籍しました。

結婚発表は2019年12月18に行われました。

発表と入籍がズレた理由は、シーズンオンの時の結婚だったからでしょう。

木浪聖也選手は、妻(奥さん)の優香さんと結婚した理由について、

「いなきゃいけない存在だと思ったから」

引用:デイリースポーツ

と球団を通じてコメントを出しました。

短いコメントではありますが、木浪聖也選手がどれだけ妻の優香さんを愛しているかが感じられるコメントです。

大切な人にこんなことを言われたら、ニヤついてしまう女性も多いのではないでしょうか。

木浪聖也選手と優香さんは2度の遠距離恋愛の経験があります。

2人の交際開始後、初めて迎える冬に優香(妻)さんはアメリカに語学留学することが決定。

木浪聖也選手の社会人1年目の冬を迎えるまでは、アメリカと日本の遠距離恋愛になりました。

優香(妻)さんは一時帰国した際、木浪聖也選手が出場した都市対抗野球の試合の応援に駆け付けています。

木浪聖也選手はこの試合でホームランを放っています。

優香(妻)さんの応援が効いたのでしょう。

木浪聖也選手が社会人2年目を迎えた年は、お互い東京に住んでいたものの、木浪聖也選手の阪神入団が決まったことから、次は兵庫県と東京都の遠距離恋愛に。

そのため、木浪聖也選手は首都圏への遠征を楽しみにしていました。

時間を見つけてデートをしたり、電話をしたりして愛を育んでいましたが、木浪聖也選手は遠距離恋愛中とても寂しかったそうです。

しかしそのおかげで、優香(妻)さんを「なくてはならない存在」と考えることができました。

プロポーズは英語が堪能な優香さんに対し、「Will you marry me?」と英語で伝え花束を手渡し。

優香(妻)さんは涙を流して喜んでくれたそうです。

新型コロナウイルスの流行により、自宅待機となった時期も妻(奥さん)の優香さんは料理で木浪聖也選手の体形キープに貢献しました。

「(夫人から)『今日は何(の栄養)が多いよ』とかは言われていたので、すごく気を遣ってくれているんだなと思った」

引用:サンスポ

体感トレーニングやランニングしかできず、野球ができないことで運動量が減ってしまいましたが、木浪聖也選手は体重を落としたり、体形が変わったりすることはなかったそうです。

妻(奥さん)の優香さんから栄養に関する説明を受けたことで、木浪聖也選手も栄養について学ぶいい機会になったかもしれません。

スポンサーリンク

木浪聖也選手と妻の間に子供はいる?

木浪聖也選手と妻(奥さん)との間には1人娘がいます。

木浪聖也選手側から娘の誕生報告についての記事が見つからなかった為、娘の名前や誕生日については明かされていないようです。

2023年5月4日の試合後のスポニチANNEXの記事では

長女は最近テレビの前で背番号0を見つけて「パパ」と呼ぶようになった。

引用:スポニチANNEX

と書かれていたことから、2024年に2歳を迎えるのではないかと思われます。

木浪聖也選手は2024年に30歳になりますが、子供が生まれたのをきっかけに引退について考えるようになったそうです。

引退を考えるにはまだ早いような気がしますが、野球選手にとって30手前になると中堅選手の年齢になります。

木浪聖也選手は自身の野球選手としてのエンディングについて、

「テレビで背番号0を見てパパと認識しているみたい」

「パパがプロ野球選手と認識してくれるまではやりたい」

引用:デイリースポーツ

と語っていました。

また、2023年シーズンのセ・リーグ優勝・日本一達成後の優勝旅行前には、

「これほしい、あれほしいと言うと思うので、言ったものは全部買ってあげようかなと」

引用:サンスポ

と娘に大盤振る舞い宣言。

また、海やプールに行きたがっていた娘の願いもかなえる予定だと話していました。

木浪聖也選手はイケメンで知られていますし、優香さんはハイスペックでポジティブ。

娘さんが将来どんな女性になるか楽しみですね。

原口文仁選手妻,原口文仁選手奥さん,原口文仁選手妻馴れ初め,原口文仁選手子供
原口文仁選手の妻(奥さん)が可愛い!画像は?馴れ初めが男らしい!子供についても阪神タイガースのチームのかなめ・原口文仁選手。妻があの女優に似てて可愛いと話題です。馴れ初めや画像などどんな奥さんなのかまとめました。子供は何人? ...
阪神中野拓夢選手彼女,中野拓夢選手結婚
【阪神タイガース】中野拓夢選手の彼女は誰?好きな女性のタイプを調査!結婚についてもまとめ阪神タイガースの中野拓夢選手は結婚してる?独身なら彼女は誰と話題についてもまとめまいについてもまとめました。...
熊谷敬宥選手子供,熊谷敬宥選手妻,熊谷敬宥選手妻馴れ初め
熊谷敬宥選手と妻の馴れ初めは大学時代!プロポーズがロマンチックすぎる!子供はいる?熊谷敬宥選手の妻はどんな奥さん?画像・馴れ初め・年齢・エピソードを調査!プロポーズのバラが素敵すぎる!子供がいるのかもご紹介します。...
スポンサーリンク

まとめ:木浪聖也選手は大学時代に妻と出会っていた!娘にデレデレなパパの一面も!

画像引用:Instagram

では今回のまとめです。

  • 木浪聖也選手は亜細亜大学在籍中に、妻である2歳年下の優香さんと出会いました。
  • 優香さんは、アスリートフードマイスターを取得しており、1年間アメリカに語学留学した経験があるため英語がペラペラ。
  • また打撃不振に陥り2軍落ちを経験した木浪聖也選手を励まし続けたこともあり、常にポジティブな性格だそうです。
  • 木浪聖也選手と優香さんの間には娘が1人誕生しています。

「いなきゃいけない存在だと思ったから」という理由で、木浪聖也選手は優香さんとの結婚を決めているため、ベタ惚れであることが分かります。

2023年シーズン終了後の優勝旅行では「娘が欲しいと言ったものを、全部買ってあげたい」「プールや海に行きたいと言っているので、連れていきたい」と発言していることから、木浪聖也選手はすっかり娘大好きなパパになっているようです。

木浪聖也選手のパパとしてのエピソードを、もっと聞いてみたいですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。