巨人

長野久義選手の実家・家族はどんな人?両親や兄弟のエピソードも調査!

画像引用:Instagram

長野久義選手(ちょうのひさよし)といえば、昔から巨人ファンで過去のドラフトでは読売ジャイアンツ以外から指名された際には拒否をしたことで有名な選手でもあります。

一度はチームの編成上の都合から広島東洋カープに移籍した長野久義選手ですが、現在は読売ジャイアンツに所属しています。

読売ジャイアンツ愛の強い長野久義選手はどのような家庭で育ってきたのでしょうか?

そこでこの記事では、長野久義選手の実家家族にまつわる情報についてまとめています。

<この記事でわかること>

  • 長野久義選手の実家の家族構成は?
  • 長野久義選手の父親はどんな人?
  • 長野久義選手の母親はどんな人?
  • 長野久義選手にきょうだいはいる?

ぜひ最後までお読みください!


スポンサーリンク




長野久義選手の実家の家族構成は?

長野久義選手の実家の家族構成は、父親、母親、長野久義選手、妹の4人家族です。

よくある一般家庭の構図で育ってきたということがわかります。

長野久義選手の地元は佐賀県三養基郡基山町という自然豊かなところで育ってきました。

自然豊かということで、自由にのびのびと過ごしてきたのではないでしょうか?

長野久義選手は小学1年生の時から野球を始めていて、地元のチーム「基山バッファローズ」に所属していました。

責任感のある性格から、長野久義選手が6年生の時にはキャプテンも務めていました。

長野久義選手がキャプテンだったらついていきたい!と思った人たちも多かったと思われますね。

長野久義選手は中学時代には硬式野球チームの強豪「筑紫野ドリームズ」に所属していました。

そして高校は筑陽学園高校に入学し、甲子園まで惜しいところまでいったものの準決勝や準々決勝で敗退してしまい甲子園には出場できませんでした。

ポテンシャルの高い長野久義選手が甲子園に出場していないとは少し驚きですよね。

長野久義選手の高校時代の活躍を通して、プロへの誘いもあったものの、日本大学生産工学部マネジメント工学科に進学し、硬式野球部に所属しています。

大学時代の途中から、現在も守っているポジションのセンターへコンバートされています。

バッティングを活かすためにコンバートしたことによって、大学4年時の春の打率は驚異の約5割にも成長していました。

春と秋で首位打者を獲得し、ベストナインにも選出されたことによって、その年のドラフトにかかったものの、指名をしたのは北海道日本ハムファイターズで、希望していた読売ジャイアンツではなかったため、長野久義選手は入団を拒否しています。

長野久義選手は入団拒否したことによって、本田技研工業へ就職し、Honda硬式野球部に入部しています。

2年の社会人野球生活の上、また2年目の秋にドラフトにかかったものの、またもや読売ジャイアンツではない千葉ロッテマリーンズに指名されたため、入団を拒否しています。

それだけ読売ジャイアンツに行きたいという気持ちが長野久義選手には強くあったのでしょう。

そして3回目のドラフト時に読売ジャイアンツに単独1位で指名され、無事に入団するという経緯を経ています。

長野久義選手は自分の意思をしっかり持っている選手ということがわかるエピソードでしたよね。

これだけはっきりと自分の意思をアピールする選手はなかなかいないのではないでしょうか?

スポンサーリンク

長野久義選手の父親はどんな人?

長野久義選手の父親の名前は、長野久俊さんということが判明しました。

長野久義選手は上記でも紹介した通り、小学生時代から野球を始めています。

中学生に上がる時には「強いチームで野球をしたい」と長野久義選手は思っていました。

そのため、九州でも強いチームとされる「筑紫野ドリームズ」でプレーしたいと長野久義選手は思っていたそうです。

小学6年生の時にはキャプテンを務めていたくらいなので上昇志向が強かったのでしょう。

そんな長野久義選手に対して、父親の久俊さんは所属したいチームに反対していました。

「中学校の部活で十分」という意見を父親の久俊さんは持っていたそうです。

しかし、長野久義選手の熱意に負け、最終的に長野久義選手の希望が通っています。

きっと父親の久俊さんと長野久義選手は正直に話し合える関係性なのでしょうね。

スポンサーリンク

長野久義選手の母親はどんな人?

長野久義選手の母親の名前は、長野博美さんというそうです。

母親の博美さんは長野久義選手の野球の練習を手伝ってくれていました。

長野久義選手が自宅でティーバッテングの練習をする際にも、丸めた新聞紙や大豆を投げてくれたそうです。

母親が練習面で支えてくれる関係は素敵ですよね。

長野久義選手はミート力に定評のある選手ですが、それは小さい頃の母親との練習の成果が生かされているからなのでしょうね。

長野久義選手が読売ジャイアンツにこだわっていたことについては、好きになったのか理由など両親からのエピソードではわかりませんでした。

きっと上昇志向のある長野久義選手であることから、強いチームに入団したい気持ちがあったのでしょう。

強いチームに身を置き、自分自身の成長をしたかったのでしょうね。

 

スポンサーリンク

長野久義選手に兄弟は妹が1人

長野久義選手には妹が1人います。

ただし、妹がいるという情報だけしか見つからず、エピソードなどは見つかりませんでした。

どんな妹さんなのだか想像はつきませんが、長野久義選手は目が輝いているため、妹さんも目が輝いてるのかもしれませんね。

性格も似ていたら上昇志向があり、上を目指して社会人生活を送っているのかもしれません。

一般人であるため、顔写真などの公開はありませんし、今後も発表されることはないでしょうね。

きっと長野久義選手の活躍を応援していることでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ:長野久義選手の実家・家族はどんな人?両親や兄弟のエピソードも調査!

長野久義選手は上昇志向のある選手だということが、子どもの頃からのエピソードで判明しましたね。

きっと強い環境に身を置くことで自分が成長できるということが子どもの頃から分析できていたのかもしれません。

だからこそ長野久義選手は長くプロ野球人生を送れているのでしょう。

では今回の記事のまとめです。

  • 長野久義選手の実家の家族構成は、父親、母親、長野久義選手、妹の4人家族で、地元は佐賀県三養基郡基山町出身である。
  • 長野久義選手の父親は中学時代の所属チームを巡って対立したことがあったものの、長野久義選手は自分のしたいことを父親にはっきりと言える関係性がうかがえた。
  • 長野久義選手の母親は長野久義選手が子どもの頃から家でのバッティング練習に付き合い、将来の基礎力をつけるパートナーとなっていた。
  • 長野久義選手の妹にまつわる情報は見つからなかったものの、きっと長野久義選手のことを応援していると予想できる。

長野久義選手は子どもの頃から努力を重ねて、今の姿となっていると言えるでしょう。

まだまだプロの第一線で活躍する姿を見続けていたいですよね。

今後も長野久義選手の活躍を応援していきましょう!